ウッドストック・フェスティバル(Woodstock Music and Art Festival)
ウッドストック・フェスティバル(Woodstock Music and Art Festival)は1969年8月15日(金)から17日(日)までの3日間、アメリカ合衆国ニューヨーク州サリバン郡ベセルで開かれた、ロックを中心とした大規模な野外コンサート。


 概要
30組以上のロックグループが出演し、入場者は40万人以上であった。このロック・フェスティバルは、アルスター郡ウッドストックにおけるアート・ムーブメントに関連して名付けられたが、アルスター郡内では、周辺住民の反対運動のため適当な開催地が決まらず、近郊のサリバン郡ベセルの個人農場主マックス・ヤスガ所有の農場が会場となった。

当初、主催者側は、1万人から2万人程度の入場者を見込んでいたが、事前に18万6000枚のチケットが売れ、当日入場者は20万人を超えると予想された。実際はそれをはるかに上回る40万人以上が参加し、半数以上が入場料金を払わなかったため、事実上無料イベントの様相を呈した。

会場への高速道路は、会場に向かおうとする人々でごった返し、この週末は雨の上に、施設は人が混み合い、参加者は食べ物やアルコール、ドラッグを分け合っていた。しかし、暴力事件などは報告されていない。これは来場者自身が自警団を組んで、未然に防いでいたためといわれている。

度重なる雨による中断のためプログラムが遅れてしまい、最終日のトリを務めたジミ・ヘンドリックスが登場したのは明け方であった。それまでに大多数の人が帰ってしまったため、現在でも名演と称されるヘンドリックスの演奏を実際に見た者は少ない。この時のヘンドリックスの演奏は、1999年にほぼ全曲がアルバム『ライヴ・アット・ウッドストック』として発表された。

ウッドストック・フェスティバルは、カウンター・カルチャーを集大成した、1960年代のヒューマンビーインと呼ばれる人間性回復のための集会でもあり、音楽イベントとしてのみならず、ヒッピー時代の頂点を示す象徴と捉えられている。

このフェスティバルはプロモーターにとっては金銭目的ではなかったが、レコードと映画化のため、最終的には収益にも結びついた。

ウッドストックの会場では2名の死者と2件の出産があった(人数については諸説あり)。

このコンサートの模様は、『ウッドストック』というドキュメンタリー映画として公開された。マイケル・ウォドレー (Michael Wadleigh) 監督、マーティン・スコセッシ編集のこの映画は1970年に公開され、アカデミー賞 ドキュメンタリーフィーチャーを受賞した。

 ウッドストックの伝説と真実
ウッドストックには平和と愛を祝うために51万人近くが集い「幸せな時間を共有した」とはよく語られるロマンチックな「伝説」である。

しかし、現代の観点で捉えれば実際にはそれほど心地良いものではなく、犯罪やドラッグ、盗難や破壊などが会場内にはびこっていたという現実もあった。

また食糧や清潔な水の供給、雨天を避ける手段も十分とはいえなかった上に、トイレや緊急用のテントなど必要な施設の多くがなく、またステージのコンサートを聴けたのはごく一部で、結果としてフリーセックスやドラッグなどが横行し[要出典]、参加者の多くはこの混乱した状況を否定的な意味でのカオスであると感じ、良い経験だったと語る人は実際の参加者にはあまりいない。[要出典]フェスティバルの計画段階ではこれだけ多くの人が集まるとは考えられておらず、そのための準備が全くできていなかったのである。フェスティバル終了後のゴミ問題も大きな問題となった。

とはいえ、少なくとも同年(12月6日)開かれ死者まで出したローリング・ストーンズによるフリー・コンサート(オルタモントの悲劇)とは対照的に、1960年代を体験した同世代アメリカ人の「輝かしい記憶の余韻」としてしばらく生き続けたとされている。

そうした内容に欠けるヒッピー幻想の終焉と崩壊をまざまざと見せつけたのが1975年のベトナム戦争におけるアメリカの敗戦、ならびに「ホテル・カリフォルニア」である。
ジミ・ヘンドリックスの名演

ウッドストックでのジミ・ヘンドリックスの演奏は当初の予定から大きく遅れて明け方になってからの登場であったため、多くの来場者が既に帰った後であった。しかし、そこでの演奏は今でも語り草となっており、特にアメリカ国歌"The Star-Spangled Banner"の演奏は泥沼化するベトナム戦争への批判のため、爆撃機が空を飛び投下された爆弾が落ちて炸裂する音、逃げ惑う人々の悲鳴を混ぜ合わせてギター一本のみで演奏しきっており、現在でもロックミュージック史上屈指の名演として記憶されている。この演奏はその意味合いから広く物議を醸した。

 出演者
8月15日(金)

・リッチー・ヘブンス オープニング、『High Flyin' Bird』
・カントリー・ジョー・マクドナルド 『I Find Myself Missing You』、『Fish Cheer』などジョン・セバスチャン 飛び入り参加
・インクレディブル・ストリング・ バンド 『Catty Come』、『This Moment Is
Different』、『When You Find Out Who You Are』
・スィートウォーター 『Motherless Child』 『What's Wrong』、『Why Oh Why』
・バート・ ソマー 『Jennifer』、『She's Gone』、『Things Are Going My Way』、『Smile』
・ティム・ハーディン、『f I Were A Carpenter』
・ラヴィ・シャンカール 雨により途中で中止
・メラニー 『Beautiful People』、『Birthday of the Sun』
・アーロ・ガスリー 『Coming Into Los Angeles』、『Walking Down The Line』、『Amazing Grace』
・ジョーン・バエズ 『We Shall Overcome』など5曲


8月16日(土)

・ザ・クイル 『Waitin' For You』
・キーフ・ハートリー・バンド『Spanish Fly』など
・サンタナ 『Persuasion』、『Soul Sacrifice』
・キャンド・ヒート 『A Change Is Gonna Come』、『Going Up The Country』
・マウンテン
・ジャニス・ジョプリン 『Piece of My Heart』など
・スライ&ザ・ファミリー・ストーン 『Everyday People』、『Dance To The Music』、『Music Lover』、『Higher』
・グレイトフル・デッド 『St Stephen』、『Mama Tried』、『Dark Star/High Time』、『Turn On Your Lovelight』
・クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル  『Born On The Bayou』、『Bad Moon Rising』、『Suzy Q』
・ザ・フー 『Pinball Wizard』、『My Generation』など24曲
・ジェファーソン・エアプレイン 『White Rabbit』など


8月17日(日)

・ジョー・コッカー 『Delta Lady』、『With A Little Help From My Friends』など
・カントリー・ジョー・アンド・ザ・フィッシュ
・テン・イヤーズ・アフター 『I'm Going Home』など
・ザ・バンド
・ブラッド・スウェット・アンド・ティアーズ 『Spinning Wheel』など
・ジョニー・ウィンター 『Tobacco Road』など
・クロスビー、スティルス&ナッシュ 『Suite: Judy Blue Eyes』など
・ポール・バターフィールド・ブルース・バンド 『Everything's Gonna Be Alright』など
・シャナナ 『Who Wrote The Book of Love』、『Duke of Earl』など
・ジミ・ヘンドリックス 『Hey Joe』など16曲


出演を断ったアーティスト

・ビートルズ
・ドアーズ
・レッド・ツェッペリン
・ジェスロ・タル
・ムーディー・ブルース
・トミー・ジェイムス&ザ・ションデルズ (en:Tommy James and the Shondells)
・バーズ
・ポール・リヴィア&ザ・レイダーズ (en:Paul Revere & the Raiders)
・ボブ・ディラン
・フランク・ザッパ&ザ・マザーズ・オブ・インヴェンション (en:The Mothers of Invention)
・フリー
・ジェフ・ベック(ジェフ・ベックグループ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


qrcode

Recommend
Recommend
FUJI ROCK FESTIVAL '98 IN TOKYO LIVE
FUJI ROCK FESTIVAL '98 IN TOKYO LIVE (JUGEMレビュー »)
オムニバス,少年ナイフ,ホフディラン,イギー・ポップ,バッド・シーズ,忌野清志郎,BLANKEY JET CITY,MCM・アンド・ザ・モンスター,ミジェット,ギター・ウルフ,東京スカパラダイスオーケストラ


New Entries
Recent Comments
Archives
Category
Link

フジロックへ行こう☆ FUJIROCK2014

フジロックFUJIROCK2014は、ROCKファンの大切なイベント!365日は夏の3日間の為にある!フジロックへ行こう☆ FUJIROCK2014は、そんなフジロック好きのメンバーの個人的情報ブログ。宿予約、チケット購入、フジロックをもっと知ろう!さあ、今年のフジロックはどんなフェスになるだろう!楽しみだ!




フジロックの装備はOK?
アウトドア&フィッシング ナチュラム



毎年夏には、売り切れる、アウトドア用品!今年のフジロック2010はOK?
コールマン特集